シンガポールCrossAngle社との戦略的パートナーシップ契約締結ならびに同社提供の暗号資産ディスクロージャ・プラットフォーム「Xangle」独占顧客開拓販売開始についてのお知らせ

リンカー合同会社(本社:東京都中野区、代表社員:箭内 実、以下当社)と、CrossAngle Pte. Ltd. (CSO / Co-Founder:ジェームス・キム、本社 シンガポール、以下CrossAngle)は、2019年7月11日に戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

今回の戦略的提携により、当社は、CrossAngleが提供する暗号資産ディスクロージャ・プラットフォーム「Xangle」の国内での独占顧客開拓販売を開始しております。

株式市場においては、米国ではEDGAR、日本国内ではEDINETのような適時開示のプラットフォームが存在し、健全な市場環境の基盤となっております。一方で、暗号資産市場には同様の役割を果たすプラットフォームが存在せず、市場の混乱の一因となっておりました。

CrossAngleが提供する「Xangle」は、暗号資産分野における適時開示のプラットフォームとして、暗号資産市場の全世界での健全な成長に寄与することを目指しており、既に110以上の暗号資産プロジェクトがXangle(現在はβサービスで7月中にフルサービス開始予定)上で適時開示を開始しております。

情報提供先としましては、韓国のKORBIT、CPDAX、GOPAX、Bithumb、Coinone, Hanbitco、Bitsonicなどの主要暗号資産取引所が導入している他、複数の世界的な主要暗号資産取引所でも導入が決定しております。

本提携により、当社は暗号資産市場の健全化に寄与するとともに、正確かつ公正な情報流通により、国内外のブロックチェーン/暗号資産ビジネスのハブとしての活動を加速する所存です。

今回の提携について、CrossAngleのCSO、ジェームス・キムは次のように述べています。

「株式が取引市場で公開すると、健全な株式流通のために取引市場でも情報が公開されます。 しかしながら、トークンの場合は発行後にトークン販売が公表されているにもかかわらず、暗号資産市場情報は依然として非公開のままであり、これは市場において巨大な情報の非対称性および非効率性を生み出しています。 暗号資産でも各プロジェクトがその進捗や成果を明らかにし、投資家が希望的に憶測するのではなく論理に基づいて投資決定を下すことを助け、市場に透明性と公平性をもたらす公開ディスクロージャープラットフォームをCrossAngleは提供します。日本でリンカーとの協業に行うことで、多くの信頼されたパートナーと共により健全な市場を創り出すために、私たちのビジョンを広げることと信じています。」

【リンカー合同会社について】
【商 号】リンカー合同会社
【本 社】東京都中野区
【代 表】代表社員 箭内 実

【事業内容】ブロックチェーン/暗号資産プロジェクト・マーケティング事業、ブロックチェーンサービス開発事業
【URL】https://linker.plus

【CrossAngle Pte. Ltd.について】
【商 号】CrossAngle Pte. Ltd.
【本 社】シンガポール
【代 表】CSO / Co-Founder ジェームス・キム

【事業内容】暗号資産プロジェクトディスクロージャー情報事業(Xangle)

【URL】https://www.crossangle.io/

https://xangle.io/

【本リリースに関するお問い合わせ】
【Email】info@linker.plus
【担当】箭内(やない)【お問い合わせフォーム】https://bit.ly/2J7efjb

IPホルダーを対象にしたブロックチェーン技術を活用した代替不可能な性質を持つトークンであるNFTに関するセミナー開催

 リンカー合同会社(本社:東京都中野区 代表社員:箭内実 以下 当社)は、株式会社クオン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:水野和寛 以下 クオン社)と共催で、ブロックチェーン技術を活用した代替不可能な性質を持つトークンであるNFT(NonFungible Token)を活用して、ゲームビジネス、エンタテインメントビジネスに取って新たなビジネスチャンスのアイディアを紹介し、実際にNFT発行までを行うセミナーを2019年6月13日(木)に開催します。

NFTの性質や動向を紹介し、キャラクターやエンタテインメントビジネスの収益化における新たなモデルを理解して頂きます。

ゲーム、エンターテインメント事業に向けにNFTビジネスを実際に行っている事業会社とのパネルディスカッション、NFT発行作業をハンズオンでまでを行うセミナーを通して新たなビジネスを発見して頂きます。

今回のセミナーの対象となる参加者

  • 玩具事業などのエンタテインメントビジネスを行っている企業
  • デジタルコンテントを開発、オンライン上でコンテンツビジネスを行っている企業
  • コミック出版、アニメ製作などエンタテインメントビジネスを行っている企業
  • 各種キャラクター開発を行っている企業

<NFTに関するプレスリリース>

クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

販売は2キャラクター、ライセンス権の販売想定価格は、2,000ETHと500ETH。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000029274.html

<イベント参加登録ページ>

https://neutrino.connpass.com/event/130605/

参加登録期間:本日から~2019年6月10日(0:00)

会場:Neutrino

住所:東京都渋谷区桜丘町12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス1F

<登壇者>

西窪洋平 リンカー合同会社 ファウンダー

リンカー合同会社へ2019年にジョイン。 2012年まで在籍した三井物産グローバル投資ではベンチャーパートナーとして、イスラエル、英国、インドネシア、香港、日本などでベンチャー投資を指揮。 2004年1月に国内初の検索連動型広告事業会社ジェイ・リスティングを設立、同年7月にライブドアに売却。2008年までライブドアにて執行役員として経営に参画。 早稲田大学大学院(建設工学専攻)終了後、数社を経て、日本総合研究所にてNTT、富士フイルムなどの日本を代表する大企業顧客対象の戦略コンサルティングチームを指揮。 https://linker.plus/

藤本真衣 リンカー合同会社 ファウンダー

“ミスビットコイン”の愛称で世界から親しまれている。2011年からクリプト業界に参入し、印象的な経歴で業界での軌跡を築いてきた。現在は日本を代表するインフルエンサーとして、世界中のブロックチェーン業界で活躍している。 株式会社グラコネ Founder CEO / 寄付プラットフォームKIZUNA Founder / 株式会社withB Founder 顧問先:GMOインターネット株式会社 / 株式会社ayerX /株式会社BITPoint / 株式会社 Aerial Partners / BRD(スイス)/ MediBloc(韓国)/ Zeex(イスラエル) https://linker.plus/

水野 和寛 株式会社クオン CEO

DTMマガジン編集者を経て、モバイル向けコンテンツ企画事業プロデューサーに。中でもデコメサイトは有料月額会員数100万人超の日本一。デコメ・絵文字の文化発信源になった。その後、スマートフォン向けゲーム会社の(株)テクノードの代表取締役に就任。「Touch the Numebers」など初期のヒット作を連発。2011年にクオンを起業。インターネット発のキャラクター事業に専念し、世界中のチャットアプリと提携し、スタンプでキャラクターを配信。累計スタンプDL数は25億件に達している。Crypto Crystalでは新しいキャラクターコンテンツ、ビジネスの形を模索している。 http://quan-inc.jp/

【リンカー合同会社について】
【商 号】リンカー合同会社
【本 社】東京都中野区
【代 表】代表社員 箭内 実
【URL】https://linker.plus

【株式会社クオンについて】
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】 http://quan-inc.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ】
E-Mail : info@linker.plus
担当:箭内(やない)

クオン、リンカー合同会社と共同で、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

 株式会社クオンは、リンカー合同会社と共同で、当社保有の『ニャンタウン』『ファンタスティック相撲』をNFT(ブロックチェーン上の代替不可能で、価値の変動するトークン) 化し、独占ライセンス権の販売を開始致しました。

 株式会社クオン(本社:東京都渋谷区 代表取締役:水野和寛 以下 当社)は、リンカー合同会社(本社:東京都中野区代表社員:箭内実 以下 リンカー社)と共同で、当社保有の『ニャンタウン』『ファンタスティック相撲』をNFT(ブロックチェーン上の代替不可能で、価値の変動するトークン) 化し、独占ライセンス権を5/21付で販売開始いたしました。

ライセンス権の販売想定価格は、『ニャンタウン』が2,000ETH、『ファンタスティック相撲』が500ETHです。

<株式会社クオンの事業概要>

 クオンは、インターネット発のキャラクター会社です。2015年頃から全世界の有力チャットアプリと提携し、LINE、KakaoTalk、Facebook、WeChat、Zalo、Hike、Kik Messenger等でスタンプを展開し、累計ダウンロード数は、27億件(201

9年4月末現在)、累計送信回数は240億回を超えています。LINE、KakaoTalkなどでの有料スタンプでの売上に加えて、スタンプで人気の出たキャラクターのライセンス展開をグローバルで本格的に開始しており、中国、タイには既に子会社を設立しています。韓国・台湾・香港でも現地のキャラクターエージェンシーと契約し、アジア地域でのグッズ、ポップアップストア、プロモーションコラボを行い、日本の大丸松坂屋、中国のローソン(*参考1)、香港の大塚製薬社、タイのTrueグループなどとタイアップ企画を実現しております。2018年9-12月での当社のキャラクター事業の海外売上比率は65%程度に達しています。

http://quan-inc.jp/admin/wp-content/uploads/2019/02/characters_2-300x101.png
クオンのスタンプ発主要キャラクター達

<今回の事業企画について>

インターネット発のキャラクター開発/流通を手がける当社は、キャラクターライセンス/ビジネスでの利用を想定して、ブロックチェーン技術に注目しています。2018年には、ブロックチェーン上でキャラクターを採掘するアプリケーション「CryptCrystal」(15万人が事前登録。10,000以上のキャラクターが採掘されている)を開発、運営を行なっています(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000029274.html)。

今回の事業企画では、既に実績のあるキャラクターのライセンス権をNFT(ノン・ファンジブル・トークン、ブロックチェーン上の代替不可能な、価値の変動するトークン) 化し、OpenSea社運営のNFT取引所に出品する形で、ライセンス権の販売を実施いたします。NFTを活用しての取引を行う事で、(1)世界中の事業者からの取引オファー獲得、(2)スマートコントラクト(契約を簡潔に行うプロトコル)が実現するエスクロー取引(第三者が介在し、代金と商品の安全な交換を保証する取引)による安全な決済、(3)電子署名によるライセンス保有証明などが可能になり、従来のライセンス取引での手間やコスト、リスクを大幅に抑止することができます。

『ニャンタウン』は、Facebook Messenger等のスタンプで1億2910万ダウンロード、500,000 DAU。

『ファンタスティック相撲』は、同じくFacebook Messenger等のスタンプで6,100万ダウンロード、400,000 DAUとなっており、それぞれ、他社へのライセンスの実績もございます。

今回は、これらのノウハウ及び技術資産を保有するリンカー社と業務提携し、今後も、リンカー社と協業し、NFTを活用しての新たなキャラクター・ライセンス・ビジネスを展開して参ります。

<販売キャラクター>

ニャンタウン

販売ページはこちら↓

https://nft.tokyo/license/0b6c760d-0ace-4a82-acc3-cd0b54197854

ファンタスティック相撲

ファンタスティック相撲販売ページはこちら↓

https://nft.tokyo/license/d5327562-6ff3-406b-9091-00fc66da68e8

https://nft.tokyo/license/d5327562-6ff3-406b-9091-00fc66da68e8

【株式会社クオンについて】
【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】 http://quan-inc.jp/

【リンカー合同会社について】
【商 号】リンカー合同会社
【本 社】東京都中野区
【代 表】代表社員 箭内 実
【URL】https://linker.plus

【本リリースに関するお問い合わせ】
E-Mail : info@quan-inc.jp
担当:駒井